熊本県新規就農相談ウェブサイト 新・農業人を応援します

熊本県新規就農者の状況

(1)新規就農者・雇用就農者の年次別推移

 新規就農者数(新規学卒、Uターン、新規参入)の推移を見ると、平成20年度に159人まで落ち込んだものの、その後平成21年度から回復傾向を示し、平成22年度は303人と大きく伸ばし、平成23年度は266人と減少したものの、平成24年度は280人、平成25年度は337人と増加し、平成に入り最高の人数を記録した。
 平成26年度から3年連続減少したものの、平成28年度は301人と4年連続で300人を上回った。(図1)
 また、農業法人や参入企業等を対象に、雇用就農の状況を調査した結果、平成28年度の雇用者数は前年より13人減の201人となった。(図2)
   ※熊本地震で被災市町村では、正確な集計ができていません 。(図1)

図1 年次別新規就農者の推移

図2 年次別雇用就農者の推移

(2)新規就農者の内訳

 平成28年度の新規就農者数を就農形態別に見ると、「新規学卒」は前年(63人)より8人減少し55人(全体の18.3%)、「Uターン」は前年(124人)より19人減少し105人(全体の34.9%)、「新規参入」は前年(124人)より17人増加し141人(全体の46.8%)となった。
 「新規学卒」と「Uターン」は減少したが、「新規参入」は前年より増加し最多となった。
 就農形態別の割合を5年前(23年度)と比較すると、「新規学卒」「Uターン」が減少する一方で、「新規参入」が大幅に増加している。
 また、全体の約8割(全体の81.7%)を「Uターン」と「新規参入」とで占める結果になった。(表1、図3)

h28_新規就農者の就農形態別人数の比較 表1

h28新規就農者の形態別割合 図3

(3)新規就農者の年齢構成 

 新規就農者を年齢構成別に見ると、「26歳~40歳以下」が52.2%で最も多く、次いで「25歳以下」の25.9%、「41歳~64歳以下」21.9%の順となった。
 就農形態別に見ると、「新規学卒」では「25歳以下」が89.1%を占め、「Uターン」では「26歳~40歳以下」が57.1%で「25歳以下」を加えると、40歳以下の者が75.2%を占めた。
 また、「Uターン」と「新規参入」では、「26歳~40歳以下」が約6割を占めている。(表2、図4)

表2 新規就農者の年齢構成別内訳

h28新規就農者の年齢構成別割合 図4

 

(4)地域別新規就農者の内訳

 新規就農者を地域別で見ると、菊池地域が45人で最も多く、次いで熊本地域と球磨地域が43人、八代地域42人となった。
 就農形態で見ると、「新規学卒」では、八代地域の15人が最も多く、次いで菊池地域の13人、「Uターン」では、球磨地域が24人と最も多く、次いで八代地域が18人、阿蘇地域14人となっている。
 また、「新規参入」では、熊本地域の25人が最も多く、次いで菊池地域22人、阿蘇地域20人となっている。(表3、図5)

h28_地域別新規就農者数 表3

h28_地域別新規就農者数 図5

(5)経営類型別新規就農者数

 新規就農者の経営類型別に見ると、施設野菜が103人で全体の34.2%と最も多く、次いで、露地野菜78人(25.9%)、果樹類35人(11.6%)の順となっている。
 畜産部門では、肉用牛が22人(7.3%)、酪農が4人(1.3%)となっている。
 なお、「新規学卒」では、施設野菜が15人と最も多く、次いで露地野菜と果樹が10人となっている。
 「Uターン」でも施設野菜が35人と最も多く、露地野菜が17人、稲作・麦類作、工芸農作物、果樹類が11人となっている。
 また、「新規参入」でも、施設野菜が53人と最も多く、次いで露地野菜が51人の順となっている。(表5、図6)

h28_経営類型別新規就農者 表5

h28_経営類型新規就農者数 図6

抜粋:「平成28年度 青年者農業者・新規就農者実態補完調査結果」
~新規就農者(新規学卒・Uターン・新規参入者)、雇用就農者、青年農業者~
平成29年3月 
熊本県農林水産部生産経営局
(農地・担い手支援課)
一般社団法人 熊本県農業会議