お知らせ・ブログ

[3/13相談会出展者情報(5)]農事組合法人髙藤農場

3月13日(土)熊本城ホールで開催される「令和2年度第7回熊本県新規就農支援センター」の出展者情報です。事前に読んで相談会の参考にしましょう。

農事組合法人髙藤農場(求人情報)/阿蘇市永草/水稲、肉用牛の肥育

阿蘇市永草にある農事組合法人髙藤農場さんの経営理念は
・小さな農協  ・自社で資材購入、自社で販売。

阿蘇の自然の中、水稲の生産と、ゆったりと畜舎で黒牛を育ててます。
飼料用稲の栽培面積は日本一で、牛のエサは健康を考え稲わらの他、トウモロコシ、大麦、ふすま、大豆かすみなどに食塩、ミネラルを配合したものです。

牛がストレスをためないように、常に牛の健康管理には気を使っています。
獣医師とも連絡を密にし、健康に育つようにケアにつとめています。
現在の肥育頭数は150頭。2年かけてじっくり愛情をこめて育てていってます。

「くまもと黒毛和牛」は生産者の高い肥育技術に支えられ、安全な資料で育てるのはもちろん、1頭1頭の健康管理を徹底し、熊本県内で12か月以上肥育されたものがくまもと黒毛和牛となります。

その中でも、霜降りの柔らかい肉質と豊かな史で高い評価を誇るプレミア級のものがくまもと黒毛和牛「和王」のブランドです。

サシのバランスがよい、柔らかい肉質と旨みあふれるくまもと黒毛和牛を生産しています。

どこにも負けない高品質な肉牛生産を目指し、今後は繁殖にも取り組みたいと考えています。代表の髙藤秀一氏は東京のお菓子メーカーに勤務後、阿蘇に戻りこの事業を引き継ぎました。将来代表の右腕となって、ともに牧場の成長を支えてくれるような人材を募集しています。

命を預かる仕事ですので、動物が好で意欲溢れる方の募集をお待ちしております。

※農業求人サイトあぐりナビにも求人情報が掲載されています。
(掲載終了日:2021年7月29日)

【農事組合法人髙藤農場】
所在地:阿蘇市永草2800
PR:水田と肥育牛経営をミックス経営しています。
主な作目:水田・黒牛の肥育
仕事内容:水田管理、牛肥育
(まずは牛の管理から。慣れてきたら水田・稲作の仕事にも携わっていただきます。牛150頭の餌切り、餌やり、水替え、おがくずの敷き替えなどの作業)
給 与 :180,000円(各種手当込み)
勤務時間:8:00~17:00(休憩60分)
休 日 :毎週日曜日 (年間53日)
     ※希望のお休みも事前に伝えていただければ相談可能
寮・社宅:有。※近隣に1戸建てタイプあり。家賃20,000円
[雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金]
独立支援制度有
試用期間3か月
設立:2016年
代表者:髙藤秀一
売上 :4,000万円
主な取引先:農協
人事担当:髙藤
連絡先 :0967-32-2019/:090-5087-4086