県・市町村の支援制度

熊本県下の各市町村では、新規就農者の方へ様々な支援を行っています。
(一般社団法人全国農業会議所 全国新規就農支援相談センター発行「平成30年度自治体等による新規就農者支援情報」より抜粋 )

また、今年度の熊本県独自の支援事業につきましては、決まり次第掲示いたします。

阿蘇郡小国町

事業・支援策名 小国町農業担い手支援給付金
支援対象者・条件 ・町内に住所を有していること
・年齢40歳以下のもの
・平成26年4月1日以降、新規に専業農家の親元に就農したもの
・今後、10年以上農業に従事し農業で生計を立てる見込みがあること
・町の認定農業者を目指し、年間200日以上農業に従事するもの
支援内容 月額10万円の給付金を最長3年間支給
募集期間 随時
募集人数 人数制限無し
お問い合わせ先 阿蘇郡小国町産業課農政係
TEL:0967-46-2112 ホームページ

阿蘇郡市(7市町村:阿蘇市、南小国町、小国町、産山村、高森町、南阿蘇村、西原村)

事業・支援策名 阿蘇市新規就農者支援事業
支援対象者・条件 ①" 事業対象者は、新たに農業経営を開始し、次の条件をすべて満たす者とする。
(1) 阿蘇市内に住所を有する者
(2) 阿蘇市において就農後5年以上営農を営む者
(3) 就農計画の認定を受けた者

支援内容 "○支援内容
農業用機械・施設等の導入に要する費用とし、農業経営の開始に必要な経費を補助。

○支援額
(1) 補助対象経費額の2分の1以内の額で150万円を上限とする。
(2) 国又は県事業を実施する者は自己負担額の4分の1以内の額で50万円を上限とする。"
募集期間 年度内
募集人数 予算の範囲内
お問い合わせ先 農政課

0967-22-3274
ホームページ

阿蘇郡高森町

事業・支援策名 高森町担い手育成総合支援協議会等事業
支援対象者・条件 新規就農者
支援内容 ・新規就農者等に対し、就農に関する基本的な手続きの支援や意欲と能力のある担い手の育成を行っている。
また、農業委員会や農地中間管理機構等と連携し、農地取得のための支援も行っている。
募集期間 通年
募集人数 制限無し
お問い合わせ先 高森町農林政策課
TEL:0967-62-1111 ホームページ

阿蘇郡南阿蘇村

事業・支援策名 【農業研修支援】
①南阿蘇村新農業人育成事業
【就農支援】
②新規就農者支援事業(就農支援)
【就農支援】
③施設園芸振興対策事業"【就農支援】
④有機農業農産物推進事業(土づくり支援)"
支援対象者・条件 "南阿蘇村農業研修生受入協議会にて研修生を随時募集。
※年齢要件、短期農業研修実施済であるなどの条件あり。短期農業研修随時実施中。
※短期農業研修(3日間程度)については、事前に申込が必要。経費等については研修生全て自己負担。
・新規参入者については就農時50歳以下。後継者(Uターン者)については概ね60歳以下。労災保険有。通勤費、食費、住宅費等については研修生負担。"
村内で農業を生業とする後継者または新規参入者の就農準備金補助。ただし認定農業者の後継者または申請者が、認定新規就農者もしくは認定農業者であること。(認定予定含)。
"新規参入者または、南阿蘇村農業研修生受入協議会における農業研修生への家賃補助。
ただし、南阿蘇村内にて住宅を賃貸し、居住した場合。"
認定新規就農者、認定農業者又は生産部会会員。
村内に居住する農業者
支援内容 ①【農業研修支援】
◎国支援型(研修型)
農業次世代人材投資資金(準備型)給付に準ずる。150万円/年。研修生負担金有15千円/月。
◎村(県)支援型(雇用型)
実務研修手当として受入農家より104千円程度/月支給有。労災保険有。
②-1予算の範囲で補助対象経費の10分の10以内。ただし、20万円を限度とする。
②-2予算の範囲で「住居手当」として月額家賃の定額(月額上限30千円)を補助。
③ハウス施設建設補助。ハウス本体は新設、増設に限る。更新の場合は、8年以上経過が必要。予算の範囲で補助対象経費の10分の5以内。ただし、200万円を限度とする。設備(電照設備・灌水設備)については1戸当たり20万円を限度とする。南阿蘇村堆肥センターで購入した有機堆肥購入の補助。対象経費の2分の1以内。ただし5万円を上限。
募集期間 ①短期農業研修:随時募集
農業研修生募集:随時募集
②年度内
③年度内
④年度内
募集人数 ①特になし
②予算の範囲内
③予算の範囲内
④予算の範囲内
お問い合わせ先 南阿蘇村農政課
TEL:0967-67-2706 ホームページ

阿蘇市

事業・支援策名 阿蘇市新規就農者支援事業
支援対象者・条件 事業対象者は、新たに農業経営を開始し、次の条件をすべて満たす者とする。
(1) 阿蘇市内に住所を有する者
(2) 阿蘇市において就農後5年以上営農を営む者
(3) 就農計画の認定を受けた者
支援内容 〇支援内容
農業用機械・施設等の導入に要する費用とし、農業経営の開始に必要な経費を補助。
〇支援額
(1) 補助対象経費額の2分の1以内の額で150万円を上限とする。
(2) 国又は県事業を実施する者は自己負担額の4分の1以内の額で50万円を上限とする。
募集期間 年度内
募集人数 予算の範囲
お問い合わせ先 阿蘇市役所農政課
TEL:0967-22-3274 ホームページ

天草市

事業・支援策名 ①天草市新規就農者支援事業(準備型)
②天草市新規就農者支援事業(経営開始型)
③親元就農チャレンジ事業(準備型)
④親元就農チャレンジ事業(経営開始型)
⑤セカンドライフチャレンジ事業
支援対象者・条件 ①②天草市内に居住する認定新規就農者(就農時の年齢が45歳以上の者。)
③一年後に経営継承を行う零細な認定農業者等の後継者。
④零細な親元の経営を継承した農業者
⑤一定の所得(50万円)を目指す計画の策定、認定農業者の認定基準と同等の所得目標の策定(3戸以上10戸以内の農家の共同申請)
支援内容 ①1人当たり年間150万円以内。 (最長2年間)
②1人当たり年間150万円以内。 (最長3年間)
③1人当たり年間120万円以内。(最長1年間)
④1人当たり年間120万円以内。(最長3年間)
⑤簡易ハウス・生産に係る資材の購入費の50%以内。(上限150万円)
募集期間 随時
募集人数 予算の範囲内
お問い合わせ先 天草市農業振興課農政係
TEL:0969-32-6792 ホームページ

宇土市

事業・支援策名 新規就農祝金
※宇土市農業後継者協議会へ補助金を交付し,協議会を通じて実施
支援対象者・条件 市内において、
学校卒業や離職等により新規に就農する40歳未満の農業後継者協議会会員
支援内容 新規に就農する農業者に対して祝金50,000円を交付するもの(1回限り)
募集期間 特になし
募集人数 予算の範囲内
お問い合わせ先 農林水産課
TEL:0964-22-1111(内線604) ホームページ

上天草市

事業・支援策名 上天草市新規就農者支援事業
支援対象者・条件 (1)上天草市内に住所を有する者
(2)申請前2年以内に、青年等就農計画の認定を受けた認定新規就農者であること
(3)事業終了後3年以上、市内で営農の継続が見込まれる者
(4)市税及び水道料金の滞納がない者
支援内容 ○地域営農の担い手となる新規就農者に対し、円滑な就農を支援するために、予算の範囲内で補助金を交付。
○農業用機械等の導入に要する費用として、補助率は事業費の50パーセント以内で、限度額は5万円以上20万円未満とする。
募集期間 随時
募集人数 予算の範囲内
お問い合わせ先 上天草市農林水産課農業振興係
TEL:0964-26-5516 ホームページ

菊池市

事業・支援策名 菊池市担い手育成対策奨励金
支援対象者・条件 ・新規農業就業奨励金:菊池市内に住所を有し、申請しようとする年度の初日における年齢が満45歳未満の者。農業生産を主とし、農作業従事日数が年間250日以上、かつ、年間2,000時間以上見込まれる者。新規参入者については、2年間就農し、定着可能な者に限る。
(交付は1回限り)
・結婚祝い金:菊池市内に住所を有し、認定新規就農者若しくは認定農業者の認定を受けている者、又は認定農業者の認定を受けている親族の農業に従事し、農業で生計を立てている者が配偶者を迎える場合(交付は1回限り)
支援内容 次代の農業を担う農業者が専業農家として積極的に就農定着し、創造性豊かにして、実践力旺盛な農業後継者の育成を図る。
・就農奨励金 ・・・ 30万円以内(うち10万円分を菊池市商工会の発行する菊池市内共通商 
            品券とする)
・結婚祝い金 ・・・ 5万円以内(全額を菊池市商工会の発行する菊池市内共通商品券とする)
募集期間 年度内
募集人数 予算の範囲内
お問い合わせ先 農政課
TEL:0968-25-7221
ホームページ

球磨郡球磨村

事業・支援策名 球磨村青年就農奨励金
支援対象者・条件 新たに専業として就農している者で、村内に居住し年間農業従事日数が概ね200日以上見込まれる40歳未満の者。
支援内容 50万円を給付(1回のみ)
募集期間 随時
募集人数
お問い合わせ先 球磨村産業振興課
TEL:0966-32-1115 ホームページ

球磨郡多良木町

事業・支援策名 多良木町農林商工担い手対策事業
支援対象者・条件 農林商工業の中で新たな事業主又は現事業主の後継者を指し、将来において本町の中核的担い手と成りえる50歳以下の方で、以下のいずれかの条件を満たす必要があります。 (原則として平成23年4月1日以降に該当者になった方。)※新規就業者で、農林商工業以外の職業(学生を含む)から本町の農林商工業に就業した方。※本町以外の市町村で農林商工業に従事していた方で、本町の農林商工業に就業した方。ただし、本町での就業期間が2年を経過した者。※後継者 本町の農林商工業者の子弟で学校を卒業し、又は他の職業を経て親の経営に参加した方。(町税、国民健康保険税、水道料など町税等を滞納している場合は、補助金の交付は行なわない。※補助申請年度における滞納を除く。)
支援内容 ・新規就農者へ就農祝い金を支給1回を限度とし、30万円を支給。  ※補助金の交付を受けた次の年から3年間毎年4月1日から4月30日までに就業報告書を提出。
※補助事業完了後3年以内に当該補助事業者が離職したり、就業しなかった場合は、補助金を返還。
募集期間 平成28年度から令和2年度までの5年間
募集人数 対象者に応じて予算を補正する
お問い合わせ先 多良木町農林課 直通
TEL:0966-42-1252 ホームページ

球磨郡山江村

事業・支援策名 山江村就農支援推進助成金
支援対象者・条件 新規就農者、就農後継者
上記以外で、特に村長が認めた者で営農開始後10年以内の者
支援内容 ①農用地取得
1申請あたり1/2以内(上限20万円)
②農地賃借(就農時のみ)
賃借料の1/2以内(上限5万円)
③農業用施設及び機械取得
初期投資経費の1/2以内(上限100万円)
④農耕車両免許取得(大特・牽引)
免許取得経費の1/2以内(上限5万円)
⑤農業用機械特殊免許取得
免許取得経費の1/2以内(上限10万円)
⑥農業経営改善研修等受講
研修受講経費の1/2以内(上限5万円)
募集期間
募集人数
お問い合わせ先 山江村役場産業振興課
TEL:0966-23-3113 ホームページ

合志市

事業・支援策名 新規就農奨励事業
支援対象者・条件 35歳以下の市内在住新規就農者
支援内容 次代の農業を担う若い農業者の積極的な就農定着を促進し、自らの創意工夫により経営感覚が豊かで実践力の旺盛な農業後継者の確保を目的として、1人20万円の就農奨励金を交付する。(5年以内に離農した場合は、奨励金を返還。)
募集期間 特になし
募集人数
お問い合わせ先 合志市役所事業部農政課
TEL:096-248-1445 ホームページ

相良村

事業・支援策名 ①相良村農林業新規就労サポート支援事業
②相良村農林業研修等支援補助事業
支援対象者・条件 ①・令和2年4月以降に就労した者
・申請時に50歳未満の者
・農林業従事日数が年間200日以上見込まれること。
・主たる生計が農林業収入であること。
・新規就労者本人が村税等を滞納していないこと。
・補助金交付後、5年以上農林業に従事すること。
②・適切な研修・資格取得計画を立て承認された場合
・農林業経営に取り組む強固な意志を有する者
支援内容 ①地域農林業の中心的な担い手を目指す意欲ある者を育成するため
(補助額)
単身者:一人当たり年額500,000円×3年間
夫婦等:年額750,000円×3年間
②農林業の経営力・技術・知識・資格等の習得に必要な経費の一部を補助
(補助額)
一人当たりの自己資金額の1/2(上限5万円)
募集期間 随時
募集人数 予算の範囲内
お問い合わせ先 産業振興課
TEL:0966-35-1034 ホームページ

津奈木町

事業・支援策名 津奈木町農業後継者・新規就農者育成支援事業


支援対象者・条件 "(交付対象者)
本町に住所を有し、心身ともに健康且つ、農業経営を意欲的に取り組もうとする者で、次の条件のいずれかに該当する者。

(1) 農業以外の産業に従事(学生含む)し、親又は親族が町内で農業を営み、その経営を継承することが確実と見込まれる者であり、年齢が18歳以上50歳未満の者で営農開始後5年以内及び補助金交付後5年以上営農を継続する者"
(2) 農業以外の産業に従事(学生含む)し、町内に就農を希望する者であり、年齢が18歳以上50歳未満の者で営農開始後5年以内及び補助金交付後5年以上営農を継続する者
(3) 実践的農業研修の受入農家及び実践的農業研修者の宿泊受入農家
支援内容 "(1)農業後継者就農奨励金 15万円

(2)新規就農者就農奨励金 10万円

(3)農業用機械・施設等取得補助金
   (1/2以内 上限80万円)
   ※(1)、(2)該当者

(1)~(3)いずれも1回のみ"

"(新規就農者支援事業)
 新規就農者が農業機械等の購入を行うときへの補助【最高20万円】
(農業研修支援制度)
 新規就農者が先進的な農業経営及び農業技術の向上を目的とした研修を行うときへの補助【最高10万円(経費の3分の1を上限とする)】
(就農者結婚成立事業)
 新規就農者が配偶者を迎え、共に農業専従者となるときに交付。【5万円】"

募集期間 随時

募集人数 "予算の
範囲内"

お問い合わせ先 振興課農林水産班

0966-78-5520



ホームページ

和水町

事業・支援策名 新規就農者対策助成金
支援対象者・条件 将来の認定農業者として、
町農業を担っていくと認められる者で次に掲げるものとする。
1)本町に住所を有する者
2)年齢50歳までの者
3)新規に就農した者
支援内容 助成金20万円給付
募集期間 随時
募集人数 予算の範囲内
お問い合わせ先 農林振興課
TEL:0968-34-3112 ホームページ

南関町

事業・支援策名 農業高度化事業
支援対象者・条件 町で経営改善計画または青年等就農計画の認定を受けており、かつ町内に住所を有する者。
支援内容 ○支援内容
農業用機械・施設等の導入に要する経費を補助。
○支援額
(1) 補助対象経費額の10分の3以内の額で40万円を上限とする。
募集期間 実施年の前年の11月まで(要望調査)
募集人数 予算の範囲内
お問い合わせ先 経済課
TEL:0968-57-8504

錦町

事業・支援策名 錦町農業担い手支援給付金事業
支援対象者・条件 錦町農業担い手支援給付金(以下「給付金」という。)の対象となる者は、次の各号の要件を満たした新規就農者とする。
(1)錦町に住所を有し、申請時の年齢が50歳未満の者で、今後10年以上農業に従事し、農業で生計を立てる見込みがあること。
(2)農業生産を主とし、農作業従事日数等が年間250日、2,000時間以上見込まれること。
(3)申請時に親若しくは祖父母の農業に従事してから5年以内又は独立就農してから5年以内の者。(以下「就農」という。)
(4)国の農業次世代人材投資事業に該当しない者。過去に一度でも該当したことのある者は対象外。
(5)平成27年4月1日以降に就農した者で、次条に規定する給付期間が1ヶ月以上ある者。
支援内容 1 給付金額は、給付期間1年間につき1経営体あたり75万円。
2 給付期間は、次条の就農計画の承認申請日から最長5年間。ただし、すでに就農している者については、就農日から最長5年間が給付期間。
3 就農日から申請日まで期間を要した者について、その期間を給付期間から除いて給付する。
募集期間 平成30年4月1日~平成35年3月31日
※期間内に承認された者については、給付期間内は給付する。
募集人数 申請者の人数に応じて補正対応可
お問い合わせ先 農林振興課
TEL:0966-38-4948

人吉市

事業・支援策名 人吉市農業担い手対策事業
(新規就農者支援事業、農業研修支援事業、就農者結婚成立事業)
支援対象者・条件 (新規就農者支援事業)
人吉市の新規就農者(認定農業者の子息又は人吉市の認定就農者の認定を受けた者)で、おおむね45歳までの農業後継者。
(農業研修支援事業、就農者結婚成立事業)
人吉市の新規就農者(認定農業者の子息又は人吉市の認定就農者の認定を受けた者)
支援内容 (新規就農者支援事業)
新規就農者が農業機械等の購入を行うときへの補助【最高20万円】
(農業研修支援制度)
新規就農者が先進的な農業経営及び農業技術の向上を目的とした研修を行うときへの補助【最高10万円(経費の3分の1を上限とする)】
(就農者結婚成立事業)
新規就農者が配偶者を迎え、共に農業専従者となるときに交付。【5万円】
募集期間 随時
募集人数 予算の範囲内
お問い合わせ先 人吉市農業振興課
TEL:0966-22-2111 ホームページ

水上村

事業・支援策名 水上村産業担い手支援事業
支援対象者・条件 事業主の後継者、又は農林商工業の中で新たな事業主を目指し、将来において本村の中核的担い手と成りえる次に掲げる者(1)  後継者本村の農林業者の子が学校を卒業し、又は他の職業を経て家族の経営に就業した45歳未満の者(2)  新規就業者農林商工業以外の職業(学生を含む)から本村の農林商工業に、新規に就業した45歳未満の者ただし、国が定める青年就農給付金を受給している者は対象外とする。
支援内容 給付金の支給年間500,000円(最長5年間)
募集期間
募集人数
お問い合わせ先 産業振興課
TEL:0966-44-0314 ホームページ

八代市

事業・支援策名 ①農業技術者養成講座
②土壌分析診断支援事業
支援対象者・条件 ①②新規就農者を含む農業者
支援内容 ①レベルに応じた段階別の講座を開講する。基礎講座は特に新規就農者を対象とする。
11月から3回程度開講予定。
②市内に居住する農業者が土壌分析を行う場合、3検体まで土壌分析手数料を免除する。ただし、認定新規就農者が自ら耕作する農地及び農業経営者が農地中間管理機構から借り受けている農地については、検体数の上限は設けない。
募集期間 ①担当課(八代市農事研修センター)へ直接お問い合わせください。

②通年"
募集人数 ①20名程度
お問い合わせ先 八代市農林水産政策課
TEL:0965-52-1815 ホームページ

山鹿市

事業・支援策名 がんばる農林業チャレンジ支援事業(新規従事事業)
支援対象者・条件 平成30年4月1日以降に就農した者であること。
(1)新規学卒者
(2)市外からの新規就農者
(3)農業以外の仕事をしていた方が農業を始める場合
※ただし今まで兼業などで農業をしていた方を除く
(4)個人
支援内容 作物の栽培(経営改善、規模拡大等)、商品開発、加工販売 農業に要する機械、備品、資材等の購入及びそれにかかる工事費等。
定額補助上限60万円。
募集期間 随時
募集人数 予算の範囲内
お問い合わせ先 農業振興課
TEL:0968-43-1556 ホームページ

山都町

事業・支援策名 山都町農業後継者就農交付金交付事業
支援対象者・条件 ・山都町に住民票がある認定農業者又は認定新規就農者
・就農時の年齢が45歳未満の者であり、申請する年度から起算して4年度以内に就農した者。
・税申告が青色申告の経営体であること。
・町税等の滞納がない経営体であること。
・交付後3年度間は農業に従事すること
支援内容 ・就農時50万円を交付(1回のみ)
・夫婦や兄弟で就農の場合は70万円(1回のみ)
※1経営体あたりの上限は70万円
募集期間 随時
募集人数 予算の範囲内
お問い合わせ先 農林振興課農政係
TEL:0967-72-1136 ホームページ

湯前町

事業・支援策名 農業後継者等対策支援事業       農業研修補助事業
支援対象者・条件 次に掲げる全ての要件に該当し、町税等を滞納していないもの
(1)国の農業次世代人材投資事業に該当しないもの
(2)就農時の年齢が満45歳未満であり、就農に対し強い意欲を有していること
(3)農業で生計をたてることのできる経営計画を有していること
(4)農業従事日数が年間250日以上見込まれること
(5)申請時に農業に従事してから3年以内のもの
(6)5年以上継続して就農すること
※湯前町農業再生協議会事務局会において審査する
※6ヶ月を経過するごとに、直前の6ヶ月の就農状況報告書を提出しなければならない
※その他、休止・中止・返還事項あり"(目的)
農業の分野で活躍していくために、視野を広め知識や技術を身に着けること、また、地域が抱える課題解決の手法を体得するために行う国内外の先進地での研修や視察について支援し、その成果をもって町の発展に寄与することを目的とする。

(対象者)
湯前町に住所を有し、主たる農地が湯前町にあり、町税等を滞納していないもの
ただし、過去3年以内に本事業の補助を受けたものは対象としない

"
支援内容 給付金の支給
(1)1年目 月額10万円
(2)2年目 月額 8万円
(3)3年目 月額 6万円
※給付は基準日から6ヶ月を経過するごとに支払う"                    (補助対象経費)
交通費、宿泊費の実費額及び研修に必要と認められる費用
ただし、国、県及び他団体からの助成がある場合には、対象経費から控除する

(補助率)
1/2以内

(補助額)
補助対象経費に補助率を乗じて得た額とし、国内は50,000円、国外は100,000円を上限とする"
募集期間 随時
募集人数 申請者の人数に応じて補正対応可
お問い合わせ先 農林振興課
TEL:0968-43-4111 ホームページ

苓北町

事業・支援策名 新規就労者支援補助金(農業)
支援対象者・条件 新卒者及び概ね55歳以下の離職者等で、苓北町内に居住し、次に該当する方に対して支援します。
1.年間150日以上農林水産業に就労する者
2.経営面積が40a以上であること。
※国の農業次世代人材投資事業の対象となる者は除く。
支援内容 新規就労者
①1人当たり60万円(5万円/月×12ヶ月)
後継者
②1人当たり20万円(5万円/月×4ヶ月)
募集期間 随時
募集人数 予算の範囲内
お問い合わせ先 農林水産課
TEL:0969-35-1111 ホームページ